森田医院 南幸町 JR川崎駅 幸区 川崎市 尻手 内科、リウマチ科、消化器内科、小児科

上部内視鏡検査

スーパーCCDハニカムの搭載により、内視鏡高画質画像を実現しました、富士フィルム製の内視鏡を使用しております。
病変部の視認性を向上させる分光画像処理機能を搭載しております。

内視鏡診断における病変の早期発見と精密検査診断の向上が期待されます。

 

画像診断の新しいスタンダード、デュアルモード

メリット1

  • 病変部拾い上げ

メリット2

  • 見極め(精密検査) 

※見比べる!! 通常観察画像と静止画を同時に一画面表示

もっとやさしく、もっと快適に進化し続ける経鼻内視鏡

患者様に優しい検査を目指して

挿入部をしなかやにし先端部系を従来内視鏡より細く5.8mmにする事で、更なる挿入性の向上と、患者様への負担軽減を実現しました。

 

←従来上部内視鏡と経鼻内視鏡比較

 

 

 

◎高い画像解像度と色再現性を追及

◎FICE*画像より鮮明に病変部と正常部の視認性を向上



*BLIとは色情報を独自のアルゴリズムによるソフトウエアで強調・抑制し視認性向上をサポートする画像処理機能です。

 

 
実に約95%の人が 次も経鼻での検査を希望しています。
         

   

上部消化管画像処理技術BLI比較